Apple TVをテレビから切り離す。

友達から借りました。気に入れば買い取る予定です。

o0480032212431337745

Amazonのレビューも参考にしてます↓

Apple TVですねー。かなりブームからは遅いけど手に入りました。

というのも部屋のスピーカーにはBluetoothで飛ばしてたけど、AirPlayに興味を持ったわけです。

しかしApple TVってテレビに出力だよなー。音を飛ばすならテレビを経由しないとダメなんだよなーと思い手を出さずにいたわけです。

ところが少し調べてみると、音声だけを別で出力出来ることを知ったので今回実践してみました。

o0480032212431337747

Fiio D3

Amazonのレビューも参考にしてます↓

そこで今回必要なのはD/Aコンバーターです。名前の通りデジタルをアナログに変換するアイテムです。

というのもApple TVは光ケーブルでの出力のみで、部屋で使ってるスピーカーはアナログのみの入力なので変換が必要なのですよ。

o0480032212431337759

ここのOptical Audioって端子が光端子です。

o0480032212431337767

ケーブルも必要です。左がアナログで右が光ケーブルです。

o0480032212431337772

接続してみました。順序としてはApple TV→Fiio D3→スピーカーといった感じです。

o0480032212431337776

これで完了です。映像を飛ばす時はテレビをHDMIに表示を切り替えて、音だけ飛ばすならテレビの電源を切っていてもApple TVの電源が入っていれば飛ばせます。

Bluetoothとの比較ですが、AirPlayはWi-Fiなので遅延がほとんどないのと音の劣化がないので快適です。家の中でならどこからでも飛ばせます。

しかしApple TVでミラーリングをするとカメラロールの動画の読み込みに多少の時間がかかります。YouTubeなどは快適です。

まぁミラーリングはネタなので普段は使わないと思うけどAirPlayはBluetoothの代わりに使うことが多いので重宝しそうです。

iMacの音も飛ばせるのでモニタースピーカー4台で豪華に鳴らせます。自己満ですが(笑)ちなみにOSの関係でiMacからのミラーリングは出来ないです。

そんなわけで部屋のオーディオ環境が少しだけグレードアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう