Magic Barでワイヤレスをワイヤレスにする。

さて、新年も明け歳も1つ増え明日(今日)から病院始めになります。

そして今回は新年1発目の購入したガジェットのレビューです。早速行きたいと思いますよー!

o0480032212805325629

The Magic Bar Inductive Charger for the Apple Wireless Keyboard & Magic Trackpad

Amazonのレビューも参考にしてます↓

名前が長いです!Magic Barと呼ばれてます。簡単に説明すると、AppleのWireless KeyboardとMagic Trackpadを充電するためのステーションみたいなものです。

文章では難しいので開封がてら解説していきたいと思います。周りがごちゃごちゃしてるのは申し訳無い…。

o0480032212805325638

まず箱を開けると内容物が顔を見せます。シンプルな梱包ですな。

o0480032212805325633

取り出すと充電用のバーと電池とUSBケーブルがありました。ほかにもペラ紙で取説も入ってましたが簡単すぎる製品なので見なくても平気でした。

o0480032212805325634

まずは電池から、Wireless Keyboardの電池を抜いてMagic Barの電池を差し込みます。

o0480032212805325636

すると電池の先端が飛び出します。ここがポイントです。

o0480032212805325637

次に充電用のバーにもUSBケーブルで接続します。microUSBでした。で、接続先は先日購入した金塊USBハブに接続。1ポートだけ充電専用だったので、そこに挿してiMacの電源が落ちてても常に充電出来ます。

o0480032212805325632

LEDが赤に点灯してます。これは充電してないよーっていうサインです。

o0480032212805325624

そこにWireless Keyboardの飛び出してる電池の先端を入れると充電開始!LEDも緑に光りました。厳密には充電中は緑の点滅で充電が完了すると緑の点灯に変わります。

これぞWireless KeyboardをWirelessで充電出来てるわけです。これぞ最先端!!

スマートなんです!

o0480032212805325630

The Magic Bar Additional Battery Pack

Amazonのレビューも参考にしてます↓

Magic Barで使う電池の単品販売もしてます。もう利用目的はお分かりでしょう!

o0480032212805325625

同じように接続してMagic Trackpadも充電することが出来ます!これはもう便利。

Magic Barとの接続は、はめるというよりは先端を中に入れるって感じです。全くキツくないです。置くに近い感覚かもしれません。

そして製品の品質もアルミなのでMacとの相性は抜群です。USBケーブルもiPhoneなどと同じ白のケーブルなので変に目立つこともなさそうです。

これで毎回電池切れの度に電池を取り出して新しいのと交換する手間がなくなります。まぁそんなに頻繁に電池切れにはなりませんが細かいところで快適さを感じることが出来るかと思います。

別売りでMagic MouseもWirelessで充電出来る台付きのバーもありますが、私は持ってないし使ってもいないので買いませんでした。

リビングのMac miniがMagic Mouseなので導入しようかなーと考えましたが、作業もしないし両親ともiPhoneユーザーなのでMagic Trackpadの導入が先かなーと考えたりしてます。中古なら安いしね。

ちなみに私はほとんどの作業はMagic Trackpadでやれてますが、波形をいじったりと超細かい作業をする時はトラックボールを使ってます。画像がもう貼れないんだけどロジクールのTrackMan Marbleを使ってます。型番はTM-150です。Windows時代から使ってますがコストパフォーマンスが高いです。

そんなわけで今年も良い感じで買い物がスタートしてます。今回のMagic Barは2011年頃から気になってたのをやっと買ったわけですが、考えて悩むのって大事だよねー。私が言っても説得力ないかもだけど(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう