【冬はこれで乗り切れ!】感情に任せて着る寝袋を買いました。

SNSでは少し前に投稿しましたが、今回の年末年始は初の青森県で過ごすことになりました。

私は山形県出身なので圧倒的に暑さより寒さに強い体質です。しかし青森県ってなると山形県より北国なのでもっと寒いであろう。でもアホみたいに厚着するにも服を持ってないし、それはそれで面倒…。ってことで考えたわけです。

しかしそのSNSで付いたコメントは散々でした…。

これで私の魂に火をつけることに…。

まずはこれを見てください。

画像をクリックすると拡大しますよ。

私はウケ狙いではなく割と本気で考えた末の投稿だったんですよ!しかしそのコメントはというと…

画像をクリックすると拡大表示しますよ。

いらねぇの文字が!!!

これで私の魂にがついたわけです…。これはもう買って超絶レビューを書くしかねぇ…と。

買いましたよ!

I sportartenアイ シュポルテン 人型寝袋 フリーサイズ 男女兼用 歩ける寝袋・シュラフ・防寒着 (パープル)

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

見た目は普通の寝袋ですな。

広げてみましたが、まだ割と普通の寝袋です。

細かく見て見ましょう。

着る寝袋ってことなのでもちろん…

手が出ます!

ファスナーになってるんですよ。

足を入れましたが…

当然足が出ます!!

ここもファスナーになってるんですな。

いろんな種類の寝袋がありましたが、最終的にこれが購入の決め手になりました。というのも他社の製品の多くはセパレート型になっていてファスナーで取り外すことができるんですよ。

こんな感じです。これでは外した後のパーツの管理が面倒だしスマートではないです。

着るとこうなります!

身長188cmとちょっとの私が着るとこうなります。

どーん!

ちょっとモデル風に立ってみました。マジなので気合いが入ってます(笑)

ちなみにサウナスーツではないですよ。

カメラの画角が足りなかったので足元は別で撮りました。

こんな感じになります。ファスナーを開けて手足は出してます。ちなみに手にiPhoneを持ってるのはOLYMPUS E-M10のリモートシャッターを押すためです。便利です。シャッターを押してくれる人はいません…。

フードを被るとこうなります。

さらなる防寒を目指してみました。

私はフードがあまり好きではないです。なのでこうして対策を立てました。

BeardHead ニットキャップ バーバリアン ブラウン

他にも種類があります↓

ドヤ顔なのは気合いが入ってるからです。これで顔の半分以上の防寒に成功しました。

雪に反射する太陽の光が眩しい!ってことも想定してサングラスをすることでもう無敵です。青森だろうが北海道だろうが私は生きていけます。青森県は行ったことがないので私はあらゆることを想定しています。万全です。

立ってみましたがなかなかのインパクトです。実際にBeardHead ニットキャップ バーバリアン ブラウンを被って外を歩いたこともありますが、なかなか世間の人には刺激が強すぎたようです。まぁ当時は事情があって被ってたんだけどね…。

実際に過ごしている様子を予想してみた。

基本的にだらだら過ごすと思うのでこうなりました。

快適な様子が伝わるかと思います。

スマートフォンでSNSで反響のチェックも快適。

そのまま寝落ちしても風邪をひく心配もありません。まさに鉄壁

その他の細かい点。

ちょうどお腹の部分にポケットがありました。余裕でiPad miniが入るくらいのサイズです。

そして寝袋を着てると急なトイレに対応できない…ってこともないんですよ!

ケツの部分にもファスナーがあるんですよ。ちなみに前にはファスナーはないのでメンズにはあまり有効ではないです…。ここだけが惜しいところ。

これで北国も完璧です!

そんなわけで割と体を張ったレビューでしたがサイズ的にも問題ないし満足です。あとは現地でどれだけ活躍してくれるのか?きっと大丈夫でしょう。これで中は薄着でも鉄壁の防寒が実現しました。それに私の部屋にはエアコン(暖房器具)がないので、これからの部屋着としても活躍してくれることでしょう。電気代の節約にもなるし完璧ってなもんですよ。

かかって来い!冬の青森!!

今回感情むき出しで買ったのはこちらです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう