権利ってのは第三者が決めるものではなく本人の意思でもあるのではないか?

当事者以外の外野の方が騒ぐパターンが多い気がします…。

今回は思い立ってTwitterで呟こうとしたけど長くなりそうだったのでブログで書くことにしました。

これから書く内容は売れてないバンドマンの私の考えです。

とあるライブハウスで写真と動画を撮影禁止にするって話が耳に入ってきたわけよ。そこで私は出演者側で撮影をNGにするってのは特に気にしないけど、ライブハウス側で禁止にしてしまうのはどうなのかなーと思うわけです。

どうやら理由としては著作権やプライバシーを侵害するから。とのこと。

確かに無断で撮影したのをネットにアップするのは内容によっては良くないことだとは思います。ヴィジュアル系やアイドルなんてのは写真1枚でもお金を取るので無断で撮られたら困ってしまうわな。それだったら分かる。しかし頭ごなしに撮影禁止!ってライブハウス側で決めてしまうのは如何なものかなーと思います。

演者の中には写真撮られて嬉しい人もいます。ステージの上に立ってパフォーマンスしてるのに、その写真撮ったら「プライバシーの侵害だ!」なんて言われたら…ねぇ。

ちなみに私の場合は写真は撮られても良いと思ってます。むしろ撮ってください(笑)写真を撮るってことは何かしら感じることがあっての行動だと思うので、その内容が良くも悪くも私は歓迎します。

今の時代はCDも売れないしライブハウスにもなかなかお客さんは来ないわけで(売れてる人は別)もし来てくれる人がいるのであればその目的が音楽ではなく写真を撮りたいであったり、お酒を飲んで騒ぎたい(常識の範囲で)だったり友達を作りたいなどの理由でも全然問題ないです。人それぞれの楽しみ方があるからね。ライブハウスに来たなら写真なんか撮ってないで音楽だけを聴いていろってのは、ただですらライブハウスに来る人が少ないのに更に入り口を狭くしてしまってるなーと私は思います。

バンドなんてものは見られてなんぼだと思うのですよ。もしそれが嫌ならスタジオに友達でも呼んで好きにやってりゃ良いじゃん。

特に今の時代、音楽に限らず口コミで人気が出るってのもあるので不特定多数の人にいろんな方法で見てもらうことは良いことだと思うんですよ。でも一部のプライバシーの侵害だ!って言う人の意見を全面的に受け入れてライブハウス側で撮影禁止にしてしまうのはどうにも腑に落ちないです…。

私の場合ですがライブを見ててかっこいいなーって思った人は写真を撮りたくなります。そして写真をネタに話しかけて仲良くなる方法でコミュニケーションを取ってます。なかなか手ぶらで話しかけるのが苦手なんですよ。こういう人もいるのでライブハウス側で撮影禁止になると私のような人間はどうにも過ごしにくくなります。

有名な人を勝手に写真や動画を撮ってネット上に出してしまうのは色々な権利問題があるのでダメなことですが、中にはそうではない人もいるので頭ごなしに禁止にしてしまうのはどうなのかなーと疑問です。手間かもしれないけどライブハウス側で撮影NGか演者に確認すればいいと思うんだけどね。大体リハの時にセットリストだったり提出するので、そこにNGかOKかの項目を増やせば良いだけのことだと思うんだけど、それすらも面倒なのかね?

もちろん演奏やパフォーマンスや見てる人の邪魔になるようなことはしてはダメだけど常識の範囲内でやってる人も少なからずいるので、そこも含め全て禁止にしてしまうのはどうなんだろうね。

そんなわけで、だらだらと文章だけで語ったので多少はすっきりしました…。こんなことを言ってもしょうがないんだけど海外だと割とその辺は自由なんだよなー。あ、それとライブハウスでのフラッシュを使う撮影は演出の妨げになるので良くないことですよ。AFの補助光も同じ理由で良くないです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう