WordPressとFacebook(個人)を連動するときに起きたトラブル。

WordPressを快適に使えるように日々試行錯誤してます。

ブログを更新してる人のほとんどがSNSを利用してると思います。TwitterとFacebookなんかはほとんどの人が利用してるんじゃないかな。WordPressにはプラグインが豊富にあるのでSNSと連携もすぐにできるかもしれませんが、しかしなるべくプラグインは入れたくない!

Unknown

そんなときに便利なのはIFTTTですな。もう散々話題に出てるので詳しくは書きませんが簡単に説明すると異なるサービス同士と連携することができます。Twitter投稿したら同じな内容をFacebookにも投稿するとかね。しかもWEB上で設定するのでMacやiOSにアプリを入れる必要がないです。(スマートフォンには設定用のアプリはあります。)

タイトルにもあるように私はIFTTTを使ってWordPresseでブログを更新したら自動的にFacebookにも投稿するという設定をしました。

ここまでは良いんですが実際にテストをしてみたら思わぬ壁にぶつかりました。今回はその話です。あまりに簡単すぎることなのか分かりませんが、あまり話題にあがってなかったので覚え書きとして残しておきます。

で、その壁ですがIFTTTを使ってFacebookに投稿したら共有範囲が友達になってました。いろんな人に見てほしいのにこれでは投稿してる意味がないです。

Facebookからの直接投稿やスマートフォンのアプリからでは公開になってるのにIFTTTを使うと友達になってしまう。しかもIFTTTでレシピを作ってるときに共有範囲の設定は特にない。

この問題の解決方法は意外なところにありました。IFTTTの設定ではないのですよ。ここからは画像中心になります。

skitch.5

まずはFacebookのページにログインします。次に四角で囲った部分を選択します。

skitch.4

次に設定を選択します。

skitch.3

設定画面に入ったらアプリを選択します。

skitch.2

するとFacebookと連携してるアプリの一覧が表示されます。今回はIFTTTの設定を変更したいので編集を選択します。

skitch.1

ここでアプリの共有範囲という項目があります。これが原因ですな。

skitch

ここで公開を選択すれば、その後はIFTTTで自動投稿したときに共有範囲が公開になりました。一件落着です。

なんだこんなところにあったのかー!って感じですが、ここまでたどり着くまでに苦労しました。Facebookは突然の仕様変更があったりするので、たまにチェックする必要がありそうです。他にも連動してるアプリで思ってたのと異なる設定になってる可能性があるので注意が必要です。実際に私の場合はアメブロ更新時の自動投稿の共有範囲が友達になってました。当時はいろんな人に見てほしくてmixiからアメブロに移行したのにあまり意味がなかったわ。

そんなわけで地味に苦労した話でした。ネットで調べてもFacebookの仕様変更前の情報だと微妙に表示が異なるので、さらに分からなくなったりと大変でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう