長くなるのでiPhoneとAndroidの違いを2つだけ書くよ。

「iPhoneとAndroidってどっちが良いの?」

という論争は常にどこかで繰り広げられてます。私もこういうホームページを運営してたり携帯電話業界にいたってのもあり頻繁にこのような質問をされることがあります。

私はAndroid(HTL22)とiPhoneの2台持ちをしていたことがあるのですが結局はAndroid端末は解約しiPhoneのみを今は使ってます。その理由だったり私が感じたメリット、デメリットを書き出したいと思います。

自由度が高いとは言われてるけど…。

よく言われてるのは「Androidはホーム画面などのカスタマイズができるけどiPhoneってできないよね。」と言われます。実際に自由度はAndroidの方が遥かに高いと思います。ホーム画面によく使うウィジェットを配置したりホーム画面のデザイン自体を好きなものに変更したりできるのに対しiPhoneはホーム画面のデザインの変更はできずウィジェットを配置するのは通知センターの中だけです。(脱獄すれば…ということはなしで。)

IMG_6261

これは私のiPhoneの通知センターです。私は割とこれだけでも十分便利だと思います。一時Android端末でホーム画面のカスタマイズを色々設定してた時もありましたが、結局は飽きて標準のホーム画面に戻しました。多分これはあるあるじゃないかなー?

別の視点から自由度を見てみると、iPhoneは本体の種類が少ないことに対してAndroidは様々な種類の機種があります。これを選べる自由と思う人も多いかと思います。安い機種から高額な機種まで様々あります。反面、機種の種類が多いことで同じAndroidなのにアプリや周辺機器の対応、非対応に悩まされる人もいます。例えば、良い感じのケースがあっても自分の使ってる機種はない…ってことも少なくないと思います。

逆に機種を選べる自由はないですが周辺機器を選ぶ自由度が高いのは機種の種類が限られてるiPhoneの方が高いです。さらにはAppleには2年周期でフルモデルチェンジするタイミングがあるので、最低でも2年間は周辺機器(ケースなど)に困ることもないです。

アプリに関しても基本的に機種依存しないので自分だけ使えないってこともないです。2年以上前の機種だと使えないこともまれにで出てきますが…。

どっちの自由が良いですか?って感じですな。

中身(OS)は最新でありたい。

これも大きく異なる部分です。iPhoneはOSのアップデートは全機種に提供されます(一部新機能に非対応な場合あり)がAndroidは機種によって最新OSが異なります。別に最新じゃなくても良いよって人には関係のないことですが新しいOSの新機能やらに興味のある人にとっては気になる部分でもあります。

その他でAndroid端末が最新OSに対応しない理由として独自機能が原因の1つとされてます。日本独自の機能だとワンセグ(フルセグ)やおサイフケータイですな。メーカー独自の機能も国内の機種だと弊害になることも少なくないです。さらには機種を選べる自由が原因で機種ごとの性能(スペック)の差が大きく開いてるので性能的に最新OSには対応できないってこともあります。

結局どっちが良いの?

私は機種を選べる自由より周辺機器やアプリの自由を選んでiPhoneにしました。大体3ヶ月周期で発売される新機種の情報を追いかけるのに疲れたってのもあります。それに普通にメール(LINE)やネットやSNSを使うことがメインなので、それらを安定して快適に使えることを考えるとiPhoneかなと思います。

なので色々と自分で調べてカスタマイズすることが好きな人はAndroidが良いと思います。トラブルなどが起きても自分で解決するぞ!って人なら快適に使えると思います。調べたり追求することが苦にならない人におススメできます。アウトローなこともできます。

逆に動作が安定して平均的に使えて分からないことがあれば周りの人に聞けばいいやって人はiPhoneが良いと思います。使ってる人多いしね。逆に色々と調べてカスタマイズするぞって人がiPhoneを使うとかなり便利になります。私が実感したことですが表面上はAndroidの方が自由だと思いますが総合的に見るとiPhoneもかなり自由だと思います。

そんなわけで、あまり長くなると読むのが面倒になると思うのでこの辺で終わりにします(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう