【SOU・SOU】カメラ風呂敷を買いました。

今回はカメラケースの話です。最近のマイブームでもあるSOU・SOUで買いました。

IMG_5563

本店は京都にありますが東京では青山に店舗があります。

風呂敷のカメラケースは過去に買ったことがありますがOLYMPUSのE-M10にしてからサイズが足りなくなったので使ってませんでした。

突然発表されたNikon1 V3には軽くびっくりでしたな。 まぁ何とも…。EVFとグリップはオプションで後付けなんだわ。何か印象的...

日本人らしい製品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SOU・SOUカメラ風呂敷

以前買ったHAKUBAのカメラ風呂敷より大きいのを買いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HAKUBAのカメラ風呂敷との比較になりますが生地は厚くしっかりしてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リバーシブルになってるので両面使えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロゴは控えめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安心感があります。

カメラ風呂敷の良いところは専用ではないのでサイズ感が同じカメラであれば何でも使えます。違うカメラに乗り換えても同じのが使える可能性があります。専用のカメラケースって値段が地味に高いのよね…。

例えばE-M10の純正ケースで見てみると標準ズームレンズをつけた状態で使えるとのこと。ってことはレンズを変えたら入らないってことか…。何か微妙だわ。

なのでフリーサイズのカメラ風呂敷は使い勝手が良いわけだ。ガチの一眼レフはさすがにサイズ的に厳しいけどミラーレスカメラなら多分ほとんどが対応してます。

では実際にカメラ風呂敷でカメラを包んでみます。今回は動画を撮りました。

簡単でしょ?ストラップを着けたままでも包めるのでネックストラップなどとも併用できます。

bg_p

こんな感じで使えます。便利だわー。

そんなわけで、カメラケースは風呂敷をオススメしますよ!機能的だし目立つし最高ですな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう