【wraplus】本体の軽さとサイズを維持したければスキンシールがオススメ。

MacBook AirもiPad Airもお世話になってます。そして今回は先日買ったiPad mini4でも同じくスキンシールを貼ることにしました。

過去記事

MacBook Airにスキンシールを貼ってみた。

【wraplus】スキンシールでiPad Airも木目調にしました。

[全31色] wraplus for iPad mini4 [パーシモン] スキンシール

Amazonのレビューも参考にしてます↓

店頭には置いてなく実物の確認が取れませんでしたが寸法や品質は問題なかったので愛用してます。

写真では両面のスキンシールがありますが今回は背面だけ貼りました。

液晶面にはパワーサポートのフィルムを貼ってます。wraplusのスキンシールの液晶面にはフィルムがなくフレーム部分だけとなってるので外に持ち出すことを考えて液晶部分は保護することにしました。

ところでパーシモンとは何だ?と思って調べてみました。今まで選んでたのはオークでしたが今回は違うのにしてみたんですよ。

木質は緻密で堅く、家具や茶道具、桶や和傘などの材料として利用される。ただし、加工がやや難しく割れやすいため、建築材としては装飾用以外には使われない。また、かつてのゴルフクラブ(ウッド)のヘッドには柿材(特にアメリカガキ)を使った物が多くパーシモンの名で呼ばれていたが、現在では金属製のウッドが普及したためにあまり使われなくなった。柿木は堅い樹であるが枝が突然に折れる性質があり、古来より柿の樹に登る行為は極めて危険とされている。

Wikipediaより引用

まぁ簡単に言うと柿の木ってことですな。

こんな感じです。赤のスマートカバーと色が合ってるかは微妙ですが今回も素晴らしい品質でした。もちろん貼り付け部分のシールは安定の3Mでした。

もう少し細かいところを見てみます。

Appleのロゴ部分ですが特に問題なし。良い感じです。

カメラレンズ部分ですが少しずれてます。レンズの方に合わせるとAppleロゴがずれてしまうのでカメラレンズの部分は犠牲になりました…。

まぁ完璧ではないですがこれくらいのずれであれば私にとっては許容範囲です。粗悪なものだともっとずれてるのもあるしね…。

そんなわけで、簡単なレビューではありますが、もうこれからも基本的にスキンシールにしていこうかなって感じです。本体サイズや重さにほとんど影響ないからねー。何より持ってる人が多いiPadなので少しでも個性を出せればなーと思って選んでます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう