【MUIX IX3000】低価格で超フラットなイヤホンを買いました。

もうタイトルで完結しているような気がしなくもないですが…(笑)

最近出先で音源の編集作業(割とマジなやつ)をやることが多いので、モニター用として使えるイヤホン(ヘッドホン)が必要になったんですよ。

とりあえず定番のSONY MDR-CD900STを持っていますが最近接触が悪くノイズが気になって修理に出さなければならないのでしばらくは使えない状態に…。それに持ち出すには少々取り回しが悪いってのもあって仕事でも使えるコストパフォーマンスの良いイヤホンを探してました。

業界の超定番です↓

そこでネットで調べまくってお店で試聴しまくった結果、今回のイヤホンにたどり着いたわけです。初めて聴いたときは軽く衝撃的でした。

MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000が凄い!

MUIX Hi-Fiイヤホン IX3000

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

本体カラーは赤、黒、白の3色でを選びました。価格は3,000円弱なので怪しいと思ってしまうくらい超安いです。

付属品はイヤーピースのみ。

イヤーピースはS,M,Lの3サイズ。

取説などはなく必要最低限な内容です。まぁイヤホンなんで取説は必要ないんだけどね(笑)

本体をチェック。

次にイヤホン本体をチェックします。見た感じは価格なりのチープな作りです。フラットケーブルくらいしか特徴がないです。

左右の確認はハウジングの裏側にあります。

リモコンはイヤホンの左側のケーブルにあります。iOS(iPhoneやiPad)では1ボタンで単押しで再生、停止で2回連続で押すと曲送り、3回連続で曲戻しで長押しでSiriが起動になってます。音量の操作はできません。

マイクもあるので通話にも対応しています。

端子はL型です。

ステムは短めでちょっと太いです。

SONYのハイブリッドイヤーピースがギリギリ入りました。このイヤーピースは密閉感に安定感があります。イヤーピースを交換したいけどどれにすればいいか悩んでる場合はとりあえずこれをオススメします。

音質をチェック。

こんなぱっと見はチープな感じの低価格イヤホンですが、音質は衝撃的でした。

いわゆる中高音寄りのフラットで、モニター的な感じで使えます。解像度も意外に高くある程度は細かい音の聞き分けはできます。

過度な低音が好きな人には全く向いてないくらい控えめな低音ですが、面ではなく点で感じられる低音なので全体的な音にスピード感があります。

ダイナミック型のドライバでもここまで高音域を出せたり解像度が高くできるんだなーと感心してしまうほどでした。

これでしばらくは作業が捗ると思います。

個人的に超フラットな音質といえばETYMOTIC RESEARCHER-4Sですがお金があれば欲しいです(笑)

もう手に入れるのが難しいですが同じETYMOTIC RESEARCHのER-6も相当コストパフォーマンスが高く断線するまで愛用していました。修理しようかなー。

まとめます。

そんなわけで、3,000円弱で買える音質がフラットなイヤホンですが、これはなかなかいい買い物でした。とりあえずフラットな音って何だ?って人はMUIX Hi-Fiイヤホン IX3000を買ってみることをオススメします。見た目はチープですが音質は同じ価格帯から頭2つくらい抜けてます。

今回レビューしたのはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう